02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
G-DRAGON「最も好きなスキンシップは恋人の耳たぶを触ること」

gd

BIGBANGのG-DRAGONが、最も好きなスキンシップとして耳たぶを触ることを挙げた。

26日に韓国で放送されたSBS「話神(ファシン)-心を支配する者」(以下「話神」)では、BIGBANGのG-DRAGON、D-LITE、歌手キム・ギョンホ、カヒ、ノ・サヨンが出演し、トークセンスをアピールした。

この日、G-DRAGONは「僕は姉がいるので子供の頃からスキンシップに対する抵抗感がなかった」とし、喜びをハグで表現することは自然だと話した。

続いて「僕は(恋人の)耳たぶをいつも触る。その理由はよく分からないけれど、耳たぶを触っていると精神的に安定する」と自身だけのユニークなスキンシップを公開し、それを想像しながら幸せそうな表情を見せ、笑いを誘った。




触られたい~~~~(笑)





問題はコレよね.....

「G-DRAGONの彼女は役者ではない」キム・ヒソンが暴露

gd

キム・ヒソンが、BIGBANGのG-DRAGONの恋人は役者ではないと暴露した。

BIGBANGのG-DRAGON、D-LITE、歌手ノ・サヨン、キム・ギョンホ、カヒは、26日に放送されたSBS「話神(ファシン)-心を支配する者」(以下「話神」)に出演し、「近づいて来ない相手を自分の恋人にする決定打」について語り合った。

この日の放送で、キム・ヒソンは「G-DRAGONは小さい頃から知り合いの仲だ。デビュー前のことを沢山知っているので、ずうずうしくここに出た」と先手を打ち、G-DRAGONも「僕もヒソンさんのことを沢山知っている」と応酬する心理戦を繰り広げた。

続いてシン・ドンヨプとユン・ジョンシンはG-DRAGONに「彼女が今ドラマを撮っているとか?」とカマをかけると、彼らの意図を見抜いたG-DRAGONは上手く避けたが、キム・ヒソンは「役者ではない」と暴露し、スタジオを沸かせた。




もうさ、笑ってしまえ、ははははは.......
誰の事かって言ってないけど、いるって事は分かった感じ?

さて、私は明日から1週間京都で~す
パソコンも出来ないでしょうね(>へ<。)


GDコン、とうとう始まります!
今日行ってるかたが羨ましい~~~
あのグッズ、日本でも販売なるかな~

色んな事忘れて、いや、聞かなかった事にしよう!

ジヨン、ワールドツアー ファイティン!(ง •̀_•́)ง
スポンサーサイト

2013.03.30 
映像は見てないけど、てんきゅ~記事が結構あがってますね!

G-DRAGON、意外な告白「幼い頃にはたくさん振られていた」

gd
BIGBANGのG-DRAGONが幼い頃には告白をしてもたくさん振られていたと告白した。

韓国で22日に放送されたSBS「サンキュー」では、キム・ミファ、チャ・インピョ、カン・スジン、G-DRAGONの済州島(チェジュド)旅行記が公開された。

この日、G-DRAGONは「幼い頃、告白をしてもたくさん振られていた。理由が何だったのかはよく分からない」と伝えた。この言葉にカン・スジンは「今はその振った子達がとても残念がっているだろうね」と話し、明るく笑った。

チャ・インピョが「今女性と付き合うとしたら年上がいい?年下がいい?」と質問するとG-DRAGONは「年齢は関係ない。年は数字に過ぎない」と答えた。

この日の放送でカン・スジンは母親への思いで涙を流し、注目を浴びた。



そんなビックリもしないな~~~
小さい時のジヨンは可愛いけど、そんなモテそうでもないもん(笑)
でも、ホンマに今頃振った子たちは残念.....



G-DRAGON「“悪の根源”と言われた事もあったが…ヤン・ヒョンソク代表は最高のパートナー」
gd
BIGBANGのG-DRAGONが、所属事務所の社長であるヤン・ヒョンソクについて最高の指導者であり、最高のパートナーであると述べた。

韓国で22日に放送されたSBS「サンキュー」では、キム・ミファ、チャ・インピョ、カン・スジン、G-DRAGONの済州島(チェジュド)旅行記が公開された。

この日、G-DRAGONは「社長は最高の指導者だ。元々は愛想がない指導者だった。けれど、最近は違う。結婚してから柔らかくなった。3年前まではあまり笑うこともなかった。今も怖い方ではある」と伝えた。

G-DRAGONは「(ヤン・ヒョンソク)社長は毒舌の象徴とも言える人だ。事務所の中でとても恥をかかせる。思い出すだけで込み上げるものがある」とし「僕には『お前はBIGBANGの悪の根源だ』と話したことがある。僕なりには頑張ってやっているのに、そのように言われるとメンタルが壊れてしまう」と話した。

続いて彼は「ヤン社長の特徴は、できるだけ酷いことを言っておき、その後はどのような言葉にも耐えられるようにすることだ。事務所の外で世の中からどのようなことを言われても耐えられるようにするための社長の哲学なのだと思う」と付け加えた。

他にもG-DRAGONは「デビュー当時はビジュアルのことで文句をつけられていた。ブスなアイドルと呼ばれていた。正直、最初はBIGBANGのメンバー構成に不満もあった。SOLとヒップホップデュオの形でデビューすると思っていたのに、グループとしてデビューした。しかし、今考えてみてもヤン社長は僕たちの最高のパートナーだ。深いパートナーシップがある。長所と短所がはっきりとしているので、そばを離れることはできない」と打ち明けた



なんて酷い!
でも、その言葉に「愛」が感じられるわ~
ここで私が毒をはくのと同じように(笑)
離れることはできないって、離れないでください!
ジヨンのカラーが合うのはYGしかないはずです!
一生YGにいてくださ~い!!!



Gドラゴン、「僕の人生で最高のパートナーはヤン・ヒョンソク」
gd
BigBangのリーダー、Gドラゴンが、自身の所属事務所の代表ヤン・ヒョンソクを最高のパートナーに挙げた。

22日午後放送されたSBSバラエティ番組『サンキュー』に出演したGドラゴンは、自身の人生においてつらかった状況で最高のパートナーになってくれた人はYGエンターテインメントの代表ヤン・ヒョンソクだと明かした。

この日の放送で司会者チャ・インピョの、「人生で重要な役割をする人が誰か?」という質問にGドラゴンは、「たぶん僕の人生において最高のパートナーはヤン・ヒョンソクだと思う。僕の前では毒舌だが、裏で力強く支援してくれて今の僕が作られたと思う」と答えた。

Gドラゴンはヤン・ヒョンソクの名前を挙げた理由に対し、「僕の前では何か失敗をすると叱ってくれる。しかし、裏では僕のことをとても誉めてくれている。怒りながらも称賛してくれ、それでよりいっそう元気がわいてくる」と説明した。

続けてGドラゴンは、「最初、BigBangとしてデビューした際、世間の人々からアイドルなのにビジュアルがよくないと多くのお叱りをもらった。しかし僕は大丈夫だった。なぜならすでに社長のヤン・ヒョンソクからその言葉はたくさん聞いていたため、耐えることができるようになっていた」と話し笑いを誘った。



G-DRAGONが引退について言及「カッコよくなくなったら…未練を残すことなく去る」

BIGBANGのG-DRAGONが、引退の計画を語った。

韓国で22日に放送されたSBS「サンキュー」では、お笑いタレントのキム・ミファ、バレリーナのカン・スジン、G-DRAGONの旅行記の最終回が公開された。

G-DRAGONは「今はとても恵まれているけれど、いつまでもこのままでいけるとは思っていない」とし「僕が思ってみてカッコよくなかったり、良い音楽でない場合にはステージに上がらない。良いステージのためにステージに上がるのに、良いエネルギーを与えられなくなったら、その瞬間が来たら判断をして未練を残さず去らなければならない」と話した。

続いてG-DRAGONは「その頃には幸せな家庭も持っているだろう。結婚話がとてもしたい。僕にはそのようなものが良いエネルギーとなる」と話し、笑った。

この日、G-DRAGONは人生の指導者として所属事務所の社長であるヤン・ヒョンソクを挙げた。






ホンマ、YGって素晴らしい事務所だな!
ま、もっと厳しくても良いんじゃ?って思う部分もあるけどね~
だいたい、ションがいるだけでYGって素晴らしいって思える(爆)
あの人は神だ!!!



ジヨンがLINEを良く更新するのにビックリ!
あの人、あんなマメ男だったのね~( *´艸`)クスッ♪






2013.03.23 
毎日リハが続いてるみたいですね~
今回はどんなコンセプトになるんだろうか非常に期待!

またヨジャとの絡みも出る?
もうそんなお年頃よね~
だって!

gd

G-DRAGONが18禁のコンサートを開きたいという希望を語った。

G-DRAGONは21日午後、ソウル市禾谷洞のKBSスポーツワールドでワールドツアー『ワン・オブ・ア・カインド(ONE OF A KIND)』の記念記者会見を開いた。この日の記者会見では、G-DRAGONとワールドツアークリエイティブディレクター、トゥレビス・ペインとステイシー・ウォーカーが参加した。

G-DRAGONは、公演の年齢制限を問う質問に「何をしてもそういうイメージがあるようだ。最初から18禁のコンサートをやろうという意見も、僕が積極的に押し出した」とサプライズ公開し「僕がやっている音楽の中で表現することができる選択肢が多いほうが良いというのが僕の欲であり、この素晴らしい製作陣と一緒に作業をするのだから、自由に多くのものを見せたかった」と語った。

続けて「幼いファンらに来てもらえないが惜しいが、僕の次のステップだと思って強くアピールした」とし「考えてみると僕は韓国のアーティストで韓国のアーティストという使命感を持って回るツアーなので、考え方をかなり変えた。」と明らかにした。

G-DRAGONは「僕にとって18禁のコンサートはそんなにすごいことではないが僕の年代や僕よりもっと年上の方々が観るおもしろくてぴりっとする公演をいつかやってみたい」とし「いつかは面白半分で18禁のコンサートをぜひやってみたい」と付け加えた。

G-DRAGONは3月30日、31日の両日間ソウルオリンピック体操競技場で初のソロワールドツアー『2013G-DRAGONワールドツアー:ワン・オブ・ア・カインド(2013 G-DRAGON2013 WORLD TOUR:ONE OF A KIND)』の幕を上げる。またG-DRAGONは、韓国のソロ歌手としては初めて、日本の4大ドームツアーを行い、36万1千人の観客を動員する予定。




ソウルのみの公演だったらやってたな!
第②のパク・ジニョンにでもなるつもり?(笑)



gd
                         ↓
               ↓
               ↓

gd

着るとこうなるのね~
マイクはGOLDかよ!
最近ホンマにGOLDだね、君.....え?そこはジヨンが準備したんじゃないって?
それはどうかな(爆)




gd
LINEでもこの写真トークはしたけど、
ホンマにこんな普通なジヨンが久しぶりで新鮮!
昔のステージはこんな感じばっかりだったな~と懐かしかったよ
正直、私はこんなジヨンが大好きで、ステージもこんな衣装でやってほしいのですよ!
ま、無理な願いだと分かっていますけどね...

そして、このTシャツがこんな感じだったとわ!
gd
欲しい~~~~~~~~~~~!!!




G-DRAGON "ワールドツアープレッシャーに不眠症苦しめられることも"


"私はアーティストだ。"

いつも堂々とし自信にあふれたビッグバンGドラゴン。彼がもう一つの挑戦を開​​始する。 G-DRAGONは30〜31日、ソウル芳夷洞オリンピック公園体操競技場で開かれる'2013 G-DRAGONワールドツアー - ワン·オブ·アカインド "を皮切りに、中国、台湾、シンガポールなど8カ国13都市で公演を開く。予想される観客数は55万人である。

4年ぶりにソロコンサートを開くかドラゴンは昨年1年間で80万人の観客を動員したビッグバンのワールドツアーの内面まで加えて魅力を発散するという覚悟だ。



G-DRAGONは、コンサートに先立って21日、ソウル禾谷洞KBS体育館で記者懇談会を開き、大規模な公演を準備することになった背景と公演の成功自信などを明らかにした。

終始自信に満ち溢れた彼だったが、 "事実公演に対する負担で不眠症に苦しめられたりもした"と打ち明けた。次は一問一答。

-1月末ビッグバンワールドツアーが終わったばかりなのでまたソロコンサートを開くことになった。


"ビッグバンのワールドツアーで、体や心が大変ですが、別の希望を探しているようだ。今回のツアーで自分もアップグレードすることができ、硬くすることができそうだ。昨年ミニアルバムを発表して活動する時間があまりなかったが、今回の機会にすべてのものを見せたい。 "

この日の席は公演のクリエイティブ·ディレクターとして参加したトゥレビ時ペインとステイシー·ウォーカーも参加した。二人はマイケル·ジャクソンの "This Is It"ツアーの振付とアシスタントディレクターを務めた。

- 今回のツアーのポイントは。

"G-DRAGONは、ステージごとに異なる​​姿で上がる。ビッグバンというグループのイメージを越えてソロで活動を浮き彫りにさせようとする。した単語で説明すると、"¤ゆ "と表現することができる。G-DRAGONが"成功を追っでも有名追っでも "。こういうコンセプトでクリエイティブな感性と自由な姿を見せてあげたい。"(トゥレビ市ペイン)

- G-Dragonの才能は?

"G-DRAGONは完璧なアーティストだ。作曲もしてプロデューサーもして万能エンターテイナーだ。多目的才能を持っている。性格も謙虚だ。情熱があふれる友人だ。革新的なアイデアをよく出す。" (ステイシー·ウォーカー)-4年前の最初のソロコンサートを始めた。今回のコンサートを準備しながら変わった点は。

"今も多くの年齢ではないが、それはより幼かったようだ。舞台の上で私の音楽的色や熟していない自分の姿が多かったようだ。数年経ってから今の姿を見ればそう感じるかもしれないが、数年後に振り返っても田舍臭いず洗練された姿を見せてくれるために努力している。また、変わった点は、環境が大きく変わったというのだ。良い環境で演出陣とするから学ぶことも多く、個人的にアップグレードされることも多い。4年前にソロコンサートは多くの 'アイドル'だった。かわいい姿をたくさん見せていた。ビッグバンのコンサートをしながら得たものとアーティスト的な面を強調したい欲がある。 "

- 大規模なワールドツアーと所感が格別なようだ。

"ソロ歌手としてワールドツアーは初めてだ。幼い頃から夢見てきたこともあり、幸いにもワールドツアーが初めてではなくビッグバンでいたので、準備する時間ができたのだ。期待も大きい。不安な点は、一人で2時間ほどの公演を一人でするということだ。一緒にするスタッフたちは準備ができている私だけはまだ準備ができてたみたいで不安でもある。 "

- 大規模な公演を準備しながら、プレッシャーはないのか。

"事​​実不眠症に苦しめられるほど考えをたくさんしている。しかし、負担を持って恐怖を出すには、複数モロ役に立たないと思っていた。上手にできるというマインドコントロールをしている。"

- 企画から準備までどのくらいかかったのか。

"昨年の夏のアルバムを発表すると同時に、企画してきた。8ヶ月程度のようだ。スタッフが外国にあるため、ビデオ通話をしながら交流をしました。本格的に公演準備に入ったのは二ヶ月くらいになった。"

- 今回の公演は、どういう意味か。

"飛躍です。だけという言葉ではない。PSY兄さんも外国で成功した事例を見ながら、今はもう少し規模のツアーやプロモーションを、国内だけでは終わらず、世界に知らせることができる機会であるようだ。次のステップのためのステップだと思う。 "

- ソロ歌手の最終的な目標は。

""幼い頃から1位をすべき "、"音源チャートをさらってなきゃ "、"ビルボード1位をすべき "という目標はなかった。年齢や国籍をムルブンして"良い音楽をする歌手 "になりたい。また良い音楽をするのは一生の宿題でもある。良い音楽とは歌をよくしたり、技巧を上手にしたりラップをうまくいけばと思っていない。共感となって心に響くような音楽でなければならない。コンセンサスを形成しようと努める。 "

- 今回の公演の成功自信は。

"まだ分からない。初めての公演をみなければ本当らしい。それより普段運動をたくさんするほうがいやなので5人がする時も体力的にとても大変だった。"一人でする "という負担感がとても大きいので、最近運動を始めたりした。舞台で揺れない姿をお見せしようする。ビッグバンでは足りない部分を他のメンバーたちが満たしてくれたりしたが、今回はそうできなくて寂しいながらもたくさん寂しい。 "

- いつも堂々として自信があふれている。そんな自信はどこから出るのか。

"自信は当然あるべきだと考えている。私自身がなければ、見る人も明らかに顔色を;づくだろう。周囲の環境がとてもよく準備されている。良いコンディションに良い状況では自信にさせる。個人的には期待がたくさんなる公演です。 "

- 新しいアルバムはいつ出てくるか。

"70%〜80%程度の準備がされた。時間が経つと、欲が出る。昨年から準備してきた音楽だと時期が合うかなどをどんどん思うようになる。それとともに、欲を見据えてみる時間が長くなる。アルバムが出る時期は決まっているが、具体的に明らかにするには困難である。今回のツアーで新曲を聞かせてくれて、様々なイベントも用意されています。 "
(翻訳機使用)


世界が認めるGD!!!

2013.03.22 
こないだ少し報告しましたが、
LINEグループがスタートしました~
ここでコメントしてくださる方お招待しています

条件は2つだけ!

1.~This Love~スタイルが大丈夫な方(アンチが多くいますので、たぶん...)
2.私と同郷の方はすみません( ̄∇ ̄;)

こんなグループですけど、楽しくできればと思っとります!
只今メンバー、たったの5人(笑)
人数なんて関係ないさっ!(川;*^▽^)ア、ア~ハハハ



gd

2013.03.21 

G-DRAGON「小さい頃、バレエ教室に行くたびに泣いた」理由とは?


gd

アイドルグループBIGBANGのメンバーG-DRAGONがバレエに対する思い出を語った。

韓国で15日に放送されたSBSバラエティー番組「サンキュー」では、済州島(チェジュド) に旅立ったキム・ミファ、チャ・インピョ、カン・スジン、G-DRAGONの姿が描かれた。

この日の放送でキム・ミファが「バレエをやったことがあるのか」と聞くと、G-DRAGONは「(カン・スジン)姉さんの前だから恥ずかしいけど、母に言われてバレエを学んだことがある」と話を始めた。

続いて「5~6歳の時にバレエを学んだ。何年かではなく、3ヶ月くらい学んだ。しかし僕には良くない記憶がある。バレエ教室に通ったが、女の子たちと同じピンク色の衣装を着ることになっていた。それが嫌で、行くたびに泣いた」と付け加えながら昔のことを振り返った。

G-DRAGONは記憶に残っているバレエ動作を披露しながらも、恥ずかしがった。そんな彼にカン・スジンが「ヒップホップダンスをする時に役に立たないか」と聞くと、G-DRAGONは「役に立つ。練習生の時、ターンは僕が一番上手かった」と答えた。

また、G-DRAGONは結婚について真剣に悩む姿を見せて視線を引きつけた。

gd




G-DRAGON、料理中にミスを連発「見つめられると上手くできない」

gd
BIGBANGのG-DRAGONが、手作り料理で「サンキュー」のメンバーたちを感動させた。

G-DRAGONは15日午後、韓国で放送されたSBSバラエティー番組「サンキュー」で、俳優チャ・インピョ、コメディアンのキム・ミファ、バレリーナのカン・スジンにチャパグリ(チャパゲティとノグリという名前のインスタントラーメンを混ぜて作る料理)と茶碗蒸しを作ってあげた。

G-DRAGONが料理を始めると、3人は彼をじっと見つめた。G-DRAGONは「そんなに見つめられると上手くできない」と、玉ねぎを逆に切ったり茶碗蒸しを焦がすミスを連発した。

3人はG-DRAGONを見ながら「唐辛子も色を合わせて切る。さすがファッショニスタ」と話し、笑いを誘った。

G-DRAGONの料理は評判が良くなかった。チャパグリはキム・ミファに「塩辛い」と言われたうえ茶碗蒸しは水っぽかった。これにG-DRAGONは途方に暮れた。

結局彼らはチャパグリと茶碗蒸しを混ぜて“チャパドラゴン”という新しい料理を作って食べながら楽しい時間を過ごした。




G-DRAGON、悩みも質問も多い若きスター
gd

BIGBANGのG-DRAGONが、芸能界、いや人生の大先輩たちに質問を投げかけ続けた。試練を克服する方法は何なのか、結婚というのはどんなものなのか、同じ芸能人の夫婦の結婚はどんな感じなのか…今年で26歳(数え年)。2006年BIGBANGとしてデビューしてから8年。若きスターには悩みも質問も多かった。

韓国で15日に放送されたSBS「サンキュー」には、アジア人では初めてドイツシュツットガルト・バレエ団でプリマバレリーナになったカン・スジンと30年をコメディアンとして生きてきたキム・ミファ、そしてG-DRAGONが出演した。どうみてもよく似合いそうにない組み合わせだが、3人の出会いは期待以上に穏やかだった。長い他国生活で母国の芸能人に詳しくないカン・スジンも、キム・ミファとG-DRAGONは知っていた。また、G-DRAGONは歳も経験も大きく違う大先輩のカン・スジンとキム・ミファ、そしてMCへの尊敬心や好奇心を持って合流した。

呼び方を決めるのも簡単ではない3人の出会い。そこでG-DRAGONは積極的にお兄さん、お姉さんの心を奪った。実際母親ほどの年齢のカン・スジンとキム・ミファに、限りない尊敬と同時に息子のような愛嬌をふるって、仲を縮めた。初めて会った済州島(チェジュド)のアクアリウムで「お母さんに、人に合う時に手ぶらで行ってはいけないと言われた」と、3人に可愛いぬいぐるみをプレゼントした。

「サンキュー」はG-DRAGONにとって、また違う意味のステージだった。華やかな照明や熱い歓声に隠されていた、本音を打ち明けた。一昨年、大麻事件で初めて経験した挫折、歌手、そして芸能人としての生き方、また恋愛や結婚などの悩みが続いた。華やかで高いステージから降りてきた彼は夢も悩みも多い普通の青年になった。大先輩の前でG-DRAGONは、その年齢層ならもつ平凡な悩みから、芸能人としてトップスターとしての課題まで、淡々と話した。

この日彼は「恋愛する時は本当に良いが、自分が好きな仕事に集中できず、時間を奪われるような気がする。家庭があれば安定的に仕事と愛に集中できるのではないか」と、MCのチャ・インピョに結婚の長所を聞いた。さらに「一昨年、事件があって出演ができず、ひまわりのようだったファンたちが心を変えた。その事件の後、涙をたくさん流した。一人で時間を持って自分を振り返ってみるきっかけになった」と話し、一度の過ちで得た新しい教訓を告白した。他にも「若い時に余りにも大きく成功してしまうと、実感ができなくなるようだ。自分も知らないうちに人気に鈍くなった。虚しくて夢が無くなった感じだった。何もかもがつまらなくて、ありがたいと思えなくなった。自分が一番だと思ったこともある」と大きい成功と人気に隠されていた悩みも打ち明けた。

G-DRAGONの悩みや質問に対してカン・スジン、キム・ミファ、チャ・インピョは、深く共感して、熱く疎通した。彼らがすでに経験してきた人生の峠を超えかけているG-DRAGONに、慰めの言葉や暖かいアドバイスを伝えた。G-DRAGONにとって今回の旅は大きなヒーリングとなる「サンキュー」な機会になったのではないだろうか。





G-DRAGON、大麻事件について言及「人生を振り返ってみるきっかけに」

gd

BIGBANGのG-DRAGONが、一昨年の大麻事件をきっかけに人生を振り返ってみることができたと打ち明けた。

G-DRAGONは15日午後、韓国で放送されたSBSバラエティー番組「サンキュー」で「一昨年、事件があってテレビ出演ができず、ひまわりのようだったファンたちの心が揺れた」と話し始めた。

続いて彼は「その事件後、涙をたくさん流した。一人で考える時間を持って、振り返ってみるきっかけになった」とし「事件があってからは、謙虚になった。最近家族と一緒に暮らしながら、家族のことも見つめ直すことができた」と、危機を通じて教えられたことについて述べた。

また、この日の放送でG-DRAGONは「若い時に余りにも大きく成功してしまうと、実感ができなくなるようだ。自分も知らないうちに人気に鈍くなった。虚しくて夢が無くなった感じだった」と打ち明けた。

続いて彼は「何もかもがつまらなくて、ありがたいと思えなくなった。自分が一番だと思っていた」と愚かだった自分の過去を正直に話した。




ま、生きてると色々あるのは当たり前!
幼い頃からこの道しか知らないジヨンには良い経験も悪い経験も多かっただろうに
もちろん反省も必要!そして成長すればいい!
完璧な人間なんていない!そんな奴は面白くない!
でも、同じミスはしないでおこうね~

ジヨンの料理とかめちゃ食べたいんですけど~
失敗作でも喜んで食べるっちゅ~ねん!
インスタントラーメンでも幸せに食べるから作って~~~


結婚についての記事もあったけどスルーははははは



この番組超見たいんですけど~
KNTVさんかKBSさんあたりで放送しないかな~~~
ホンマに見たい!!!



ちょっと質問!?
実はLINEでこっそり~This Love~グループ作ってるのですが、
今のところ参加者はいません(笑)
誰か参加してみたいなんて人いたりします?
それによっては招待して楽しもうかな~なんて思っとります ヾ(o´ヮ`)ノ

2名は参加してくれるであろうと確信しておりますがね~ㅋㅋㅋ

2013.03.18 
はぁ............
病む~~~~~~~~~~~(>へ<。)
そんな時は君の顔を見たら良いかい?

でも、こんな時に見る君は
gd
gd
こ~~~んな君より
gd
gd
gd
gd

こんな君が良い!
そう!GDじゃなくて권지용が良い...
ジヨン、また一段とおでこが広く、アニャ...
おでこが美しくなってないかい?
なかなかの輝きだぞ!!!
姉ちゃん心配だ...( ̄∇ ̄;)


ジヨ~ン、姉ちゃんを慰めて.....
てんきゅ~ジヨンを見たら元気になれそうだが...
見ようと言う気持ちに今は凹みすぎてなれないんだよ...(>へ<。)

gd
gd
gd
gd
gd
gd
gd
gd
gd


ジヨンが力をくれたのか!
ジヨンが助けてくれたのか!
奇跡がおこったよ~~~~~~ ヾ(o´ヮ`)ノ
よく分からんけど、ジヨン!!!てんきゅ~~~~~

2013.03.13 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。