03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
負傷したG-DRAGONをD-LITEが激励…東京から駆けつけサプライズ出演!

gd



4月6日(土)福岡 ヤフオク!ドーム公演より全4都市8公演のワールドツアー日本公演「G-DRAGON 2013 WORLD TOUR ~ONE OF A KIND~ IN JAPAN DOME SPECIAL」を開催中のBIGBANGリーダー・G-DRAGONが、4月27日(日)に京セラドーム大阪公演を行った。

前日の京セラドーム大阪初日公演途中に足首を捻挫し、全治2週間という負傷をおしての2日目公演となったが、痛みを感じさせない堂々たるステージングを披露。満足に歩けない代わりに、ステッキやセグウェイを使いながらドームのステージを縦横無尽に駆け巡り全21曲を熱唱、詰め掛けた5万人の観客を魅了した。

さらにこの日は前日のG-DRAGON負傷を聞き、東京で自身のソロツアーのリハーサル中であったBIGBANGメンバー・D-LITEが急遽京セラドームに駆けつけ、激励の意味も込めサプライズ出演。アンコールでスペシャルゲストアクトのSOLとともに、3人でBIGBANGのヒット曲「BAD BOY」「FANTASTIC BABY」をパフォーマンスし、予期せぬサプライズでファンを熱狂させた。

3人でのMCでは、SOLに「心配して東京から来ましたよね?」と聞かれたD-LITEが「そうです。だけどファンの皆さんが一番心配してるよ…でも、足が痛くてもこんな凄いステージできるのはG-DRAGONだからですよね?」とコメントし、会場からは大歓声が沸き起こった。

また、前日27日(土)に日本で自身初のクラブイベントに出演した、BIGBANG所属事務所・YG ENTERTAINMENTの先輩アーティストであるGUMMY(コミ)も京セラドームの会場に駆けつけ声援を送るなど、YG Familyの強い絆でG-DRAGONを後押しした。

G-DRAGONは終演後、公式のLINEアカウントで「今日無事に!幸いに!大阪公演2日目が終わりましたね。今日来てくれたみなさん本当にありがとうございました。大きな力になりました。いっぱい動いたりパフォーマンスをお見せすることは出来ませんでしたが、だからもっと一生懸命歌いました。いかがでしたか?明日の最後の大阪コンサート!もっと頑張ります!!」とコメントした。

G-DRAGONのワールドツアー日本公演「G-DRAGON 2013 WORLD TOUR ~ONE OF A KIND~ IN JAPAN DOME SPECIAL」はこの後も4月29日(月・祝)京セラドーム大阪、6月1日(土)・2日(日)ナゴヤドーム(JAPAN TOUR FINAL)と続くほか、先日日本武道館・神戸ワールド記念ホール公演を大盛況のうちに終えたD-LITEのソロツアー「D-LITE D'scover Tour 2013 in Japan ~DLive~」の追加ツアーが5月1日(水)市川市文化会館を皮切りに、横浜アリーナやBIGBANGツアーでも未踏の新潟・青森・北海道・宮城など全国17ヶ所21公演という規模で開催される。



ホンマ、テソンが現れた時はNSオンニがめちゃ早くに気付いたんやけど、
私は相変わらずジヨンを追うのに必死
ジヨンの傍にテソンが来てくれてホンマ感動した
あの光景は絶対忘れることはないわ~
肩を組んで歩いている姿にも感動...
でも、もう少しゆっくり歩いてあげて~って思ってた(笑)

27日は何が起こったのかもう心配で心配で...
急に座り込んだと思ったら立てないし、ケンケンしてるし( ̄∇ ̄;)
やったな!って思っただけで、見てるしかないし...
公演が終わっても余韻なんてないよね
どうなったんだろう...それだけさ
ネットでは言いたい放題だし

昨日の公演中も、後ろの女達は
「盛り上がりにかける~」とか「映像の方が良いやん」
とか言ってるしよ~(#`Д´)ノ
あんなにおじいちゃんみたいな歩き方になっても一生懸命やってる姿が見えないのか!!!
ダンスはできなくても、理解して見てあげなよ

途中、もう良いよ、ジヨン...
て思うくらいに辛そうに見えたけど、テソンやヨンべがいてくれて
最後までやれた感じだったね~
ホンマにテソンに感謝!!!
いつもGDだけで良いって言ってる自分、少し反省...


テソン、最初は関係者席にいたって話やけど、
気づいたらステージにいたって(笑)
そのわりには衣装って感じだったよね~~~
テソンにもG BOSS着せてあげてください!

あ.....今日は行けないけど行ってる人のレポ待ってます
頑張って今日を終わらせてゆっくり休んでほしい


ジヨンファイティン!!!(ง •̀_•́)ง

スポンサーサイト

2013.04.29 
gd


G-DRAGON
BIGBANGのリーダー。ちょうど20代半ばを過ぎたソロ歌手。歌手がバラエティ番組にも出演し、海外公演もしなければ生き残れない昨今の韓国で、自身の居場所を勝ち取ったミュージシャン。BIGBANGとG-DRAGONのワールドツアーの違いを聞く取材陣の質問に「BIGBANGの曲も、僕の曲も自分で作っているので、(その違いが)今後僕が解かなければならない課題でもあるが、今回の公演を見ればその違いが分かると思う。僕も何が違うのかに気付くと思う」と答えるほど強い音楽的自意識の持ち主である。もはやアーティスト?


コ・ヨンウク
グループRoo'Raの元メンバー。G-DRAGONはRoo'Raの人気が絶好調だった1995年に登場した“ちびっ子 Roo'Ra ”のメンバーで、8歳の少年がコ・ヨンウクの役をやり遂げた。ちびっ子Roo'Raの子供4人は、MBC「ポポポ」に出演した際、振付師のソ・ヨンファさんの目に留まり、本格的にデビューした。ソ・ヨンファさんは録画の休憩時間に、“Roo'Raダンス”や“パク・ジニョンダンス”を踊っていた子供たちを見てグループを作ることになったと話してくれた。ちびっ子Roo'Ra は当時、KMTV「ショー!ミュージックタンク」で本物のRoo'Raとダンスバトルを繰り広げたこともあった。しかし、MBC「生放送人気歌謡ベスト50」では、子供たちが過度に大人を真似るという理由でちびっ子Roo'Raが撮影した部分が削除された。


2001大韓民国
1999年から2002年までシリーズでリリースされたヒップホップのコンピレーションアルバム。当時、ヒップホップブームに大きく貢献した。DRUNKEN TIGER、Honey FamilyとBobby Kim、キム・ジンピョが参加した「1999大韓民国」が大きくヒットして「2000大韓民国」は、2つのバージョンで、「2001大韓民国」は3つのバージョンでそれぞれ発売された。それだけよく売れたということだ。G-DRAGONは13歳で「2001大韓民国」に参加し、「G-Dragon」という曲でラップを披露した。「俺の歳は13/この世界ではまだ子供だという/俺のラップライム(韻)にハマってみる?」という初々しいラップを聞いて、今のG-DRAGONを想像することができるだろうか?アルバム制作を担当したイ・ヒソンプロデューサーは「すでに小学生の時、本人がラップを作詞する専用ノートがあるほどプロ意識があった。小学生らしくない表現を使っていた」と当時のG-DRAGONを回想した。G-DRAGONはそれから約10年後、単独コンサート「Shine A Light」で、この曲をもう一度披露した。


ヤン・ヒョンソク
YGエンターテインメントの社長。ヤン・ヒョンソクはDEUXのイ・ヒョンドと提携して作り出したJinuseanのデビューアルバムを通じて、90年代半ばのアメリカの音楽市場で流行したヒップホップスタイルを披露し、トレンドと商業的な成功の二兎を掴んだ。ヒップホップを中心にした1TYMも同じく、従来の韓国のボーイバンドの姿とはだいぶ違っていた。それがこの時までは、YGファミリーがSMのH.O.T.やJYPのgodを抜いて“人気”の面では勝てなかった。だが、BIGBANGは違った。BIGBANGはYG(ヤン・ヒョンソク)が独自の音楽路線を守りながらも人気を味わって楽しめることを証明してくれた。


Travis Payne
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」ツアーの振り付けと助演出を担当したステージ監督。G-DRAGONの今年のワールドツアー「ONE OF A KIND」の共同演出を担当した。およそ35億ウォン(約3億円)の事前制作費が投資されたこの大型公演は、最初から最後まで従来の韓国ミュージシャンの公演では見ることができなかった華やかな見どころが続々相次いだ。大事なのは、その様々な演出の中心にはG-DRAGONがいたということだ。BIGBANGの時から数多くの公演で鍛えられたG-DRAGONはステージを楽しみ、音楽に自分のカラーを投影させた。Travis Payneは韓国マスコミとの記者会見で「G-DRAGONはカメレオンのようで、自分を現すたびに違う姿が見える」とし、「公演のコンセプトについて説明すると、僕たちはG-DRAGONがここ数年間見せてくれた色んな小さなイメージからインスピレーションを引き出した」と述べた。


パク・ミョンス
G-DRAGONと「浮気した」を一緒に歌った「無限に挑戦」の第二者。「海の王子」「タララ」をヒットさせた歌手兼お笑い芸人。歌手という職業を持っているためだろうか?「無限に挑戦」の曲中、少女時代のジェシカと一緒に歌った「冷麺」、G-DRAGONと2NE1のBOMと一緒に歌った「浮気した」は他の曲よりも大きな人気を集めた。パク・ミョンスはG-DRAGONを愛し、G-DRAGONはパク・ミョンスを“天才”と絶賛した。ステージだけではなく、バラエティー番組でも作為的ではなく自然な姿を見せるという、他のアイドルグループ出身の歌手たちと違うG-DRAGONならではの特徴を引き出した張本人。G-DRAGONのこのようなイメージが固定されるようになったことには「無限の挑戦」の力が大きかった。


チョン・ヒョンドン
「無限に挑戦」のメンバー。G-DRAGONのファッションのライバル。ファッションについて語る時、G-DRAGONを除いて他に頭に浮かぶボーイズバンドのメンバーがいるのか?ファッションについて語る時、チョン・ヒョンドン以外、頭に浮かぶお笑い芸人がいるのか?G-DRAGONはモデルではないにも関わらず、モデルに負けないほどのファッションを消化する。しかし、記者たちが「今日のファッションのコンセプトは何ですか?」と聞いたら、「今日は……何のように見えますか?コンセプトは特にないです。ただ、新製品です」と冗談を言うこともある。もちろん、G-DRAGONのファッションをただ新商品だと説明するには無理がある。例えば、彼はスタンリー・キューブリックの映画「時計じかけのオレンジ」で見た主人公マルコム・マクダウェルの化粧をプロモーションビデオやステージで応用する大胆さを見せる。これに挑戦したチョン・ヒョンドン。しかし、チョン・ヒョンドンはただG-DRAGONを真似するだけであり、これも“大胆な”挑発のように見えた。パク・ミョンスを天才だと絶賛したG-DRAGONは、チョン・ヒョンドンに「兄さん、ファッションが徐々によくなっています」と話した。


TEDDY
ヒップホップグループ1TYM出身の作曲家兼プロデューサー。PERRY、MASTA WUなどと一緒にYGエンターテインメントを代表するプロダクションチームだ。BIGBANGからGD&TOP、G-DRAGONのソロに至るまで主要曲を作曲した第3のメンバーと言える。特に、G-DRAGONが自身の音楽のアイデンティティを確立したとも言えるアルバム「ONE OF A KIND」では、「THAT XX」「CRAYON」のような主な曲に参加した。G-DRAGONとTEDDYが共に書いた「THAT XX」の歌詞は、BIGBANGやG-DRAGONのどの曲よりも一般男性にまで普遍的にアピールする。19歳未満聴取不可の原因となった「THAT XX」の歌詞について、G-DRAGONは「歌詞の“あいつ”を“あの人”のようにもう少し純化することもできました。でも、その言葉の感じを変えたくなかったんです。僕だけでなく誰でもそういう状況に直面したら、最も多く使う言葉だと思います」とし、アーティストに相応しい姿を見せた。


韓国大衆音楽賞
商業的な成果と関係なく、音楽性について学界、大衆音楽評論家、音楽担当記者、音楽放送PD、市民団体の関係者など71人で構成されている選定委員会が賞を与える大衆音楽授賞式。今年の授賞式ではG-DRAGONの曲「ONE OF A KIND」が“最優秀ラップ&ヒップホップ部門”を受賞した。G-DRAGONとしては、厳しい評論家たちに音楽的な成就を認められたことになる。韓国大衆音楽賞の選定委員であるキム・ボンヒョン大衆音楽評論家は、この曲について「自慢することはヒップホップ独特の雰囲気であり、固有の態度である。G-DRAGONは『ONE OF A KIND』の歌詞を通じて、自身に対する世間の非難をヒップホップ独特の態度でうまく表現した」と評価した。


2NE1のCL
YGエンターテインメントのガールズグループである2NE1のリーダー。G-DRAGONとは“親友”であり、2人がステージ上でデュエットをする時は卓越した呼吸を誇る。2人はYGエンターテインメントの所属歌手の中でも公の場に特によく一緒に現れ、同じ服をステージ衣装で着たこともあるが、スキャンダルが報じられたことはない。G-DRAGONがワールドツアーの韓国公演でCLとデュエットで歌った「The Leaders」は、その日のステージのハイライトとして選ばれるほど威力的だった。まるで、マイケル・ジャクソンとブリトニー・スピアーズが一緒に歌った「The Way You Make Me Feel」を連想させるパフォーマンスであった。


BIGBANGのT.O.P
G-DRAGONとデュオGD&TOPとして活動したBIGBANGのメンバー。BIGBANGを愛する数多くの女性ファンたちがG-DRAGONとT.O.Pの魅力をはかることがよくある。2人が中学生時代から仲が良かったことはよく知られている事実だ。2人はミュージシャンを夢みていた幼い頃からBIGBANGでワールドツアーをするなど夢を叶えた今まで、共に活動していることになる。本格的なヒップホップデュオを標榜したGD&TOPは、“ラッパー”のアイデンティティを持つG-DRAGONとT.O.Pにとって非常に楽しい作業だったであろう。スタイルが違う2人のラップはよく合い、言葉どおり“本当によく遊ぶ2人、バッチリな相性”だった。GD&TOPは放送局以外にも、江南(カンナム)のクラブからロックフェスティバルまで縦横無尽に活躍した。




G-Dragonて男が凄いって事だよ!
失敗もあれば、見る人によっては偏見もあると思うけど、
幼い頃から努力もして、礼儀も正しくて偉い男でもある!
カメレオンのような男、まさにそうやと思うわ

え???な部分もたまにあるけど、おれも魅力だ
昨日のLINEでも西武ドームに来たファンを心配してたし、
今日参戦するファンを気にかけてるジヨン!
自分の心配をしなさいよ!って思うけどね...

今日も埼玉は寒いって聞いてます
ジヨン、また風邪ひかないようにして...

今日もカリスマGDで弾けてな~(。•̀ω-)✧

2013.04.21 
PSYのコンサートでヒット曲メドレー「僕はアイドルと呼ばれているけれど…」

gd
gd
BIGBANGのG-DRAGONが、PSY(サイ)のコンサートで雰囲気を熱く盛り上げた。

G-DRAGONは13日午後6時30分からソウル上岩(サンアム)ワールドカップ競技場で開催されたPSYの単独コンサート「HAPPENING」に、特別ゲストとして出演し、「ONE OF A KIND」「CRAYON」「FANTASTIC BABY」のリミックスバージョンを続けて歌い、抜群のパフォーマンスを披露した。

彼は「ワールドスターであるPSY兄さんが韓国でコンサートを開くと言った時、ゲストとして絶対参加したいとせがみました。なぜなら観客のエネルギーは、PSY兄さんのコンサートが最高ではないですか。それを直接確認したくて来ましたが、やはり最高ですね」と話した。

続いて「PSY兄さんに言われました。『俺のコンサートの観客は、年齢層が少し高めだ』と。でも、実は僕、年上の方々が好きです。アイドルと呼ばれていますが、僕も26歳(数え年)です。(年齢は)大したことではないと思います」と述べた。

gd


>でも、実は僕、年上の方々が好きです。


(ノ≧∀)ノわぁ〜い♪
ジヨンさん、年上の方々好きやって~!!!
お前じゃないって?ケンチャナ、ケンチャナ~(笑)

見ましたか?
リアルタイム視聴しましたけど、やっぱ格好良かったですね~
PSYコンだったけど、自分のものに出来てましたよね!
ってか、自分から出たいってお願いするとか可愛いじゃないっすか!

こんなの見たらますますGDコン期待!
早くチケット来い~~~
モバイル当選の方は届いてる感じ?
今日は来るかな?席に期待はしてないけど、
チケット来たら実感でる~~~早く~~~~~









2013.04.15 
gd
米国の有名な音楽専門誌ビルボードは、3月30~31日にソウル蚕室(チャムシル)で行われたBIGBANGのG-DRAGONの初のソロワールドツアー「ONE OF A KIND」のコンサートを大きく報道し「目が飛び出すほどだった」と絶賛しました。ビルボードだけではありません。ステージを見守った世界のマスコミは、一言で言うとびっくりしました。「ただ1秒も目を放せなかった」「感動と戦慄の時間」など、好評一色でした。アイドルではない、アーティストのG-DRAGONが蚕室で初のうねりを上げたわけです。

特に彼の新曲「ミチGO」は、無料メール・通話アプリLINEを通じて初公開するという、前代未聞の方式で公開され、今回のツアーでファンたちをそれこそ「ミチ(狂わせる)」にしました。G-DRAGONが音楽とファッション、そして創造性に置いて、常に革新と破格のアイコンとして呼ばれる背景にはこのような彼の挑戦精神があります。YGのヤン・ヒョンソク代表プロデューサーは「2013 G-DRAGONワールドツアー」に、事前制作費だけで35億ウォン(約3億円)以上の資金を投資し、全面的な支援に乗り出しました。

これに後押しされG-DRAGONは6日、福岡ヤフオク!ドームで5万人の観客を動員したワールドツアー初の海外公演を成功裏に終え、6月末まで8ヶ国13の都市で26回の公演を行い、55万人の観客を動員する予定です。韓国のソロ歌手としては初めて日本の4大ドームツアー(福岡ヤフオク!ドーム、埼玉西武ドーム、京セラドーム大阪、ナゴヤドーム)に乗り出した彼が、休む間もない忙しいスケジュールの中、NAVERスターコラムの読者のために時間を持ちました。3回に渡り連載されるG-DRAGONの人生と夢に関する話に大きなご声援をお願いします。/編集者

gd
# 辛くても、痛くても、ステージに上がれば元気が出る
こんにちは!!スターコラムの読者の皆様、G-DRAGONです。BIGBANGワールドツアーの時に、コンサートのステージ裏の話しをメンバーと一緒に書いていましたが、今回は僕1人ですね。しかし、BIGBANGはいつでも一つだから、寂しくありません。彼らはいつも僕にとって頼りになる心強い仲間であり、友達であり、応援軍です。僕の初のソロツアー、頑張ります。そして今回のコラムでは、僕をいつも本当の兄のように包んでくださるYGのヤン・ヒョンソク社長との長い縁や僕の家族の話、些細な日常と趣味、夢について書きたいと思います。お楽しみに^^

ステージに対する恐怖や緊張は子どもの頃からありませんでした。BIGBANGは放送よりコンサートを中心に活動するので、ステージに立つことを恐れてはならず、既に慣れています。ワールドツアーも既に経験しましたし。なので、僕のソロのワールドツアーだからと言って大して違うことはありません。ただ、ワールドツアーで海外に行くと韓国でよりは苦労するのは事実です。

しかし、世の中にはワールドツアーをしたくても出来ない歌手が大勢いることを考えると、それくらいの苦労はむしろ感謝すべきです。そして僕らもワールドツアーを始めたばかりなので、今のところ本当に良いです。


gd
当然、身体的には大変かも知れません。しかし、歌手同士で我々はステージ中毒だと言ったりすることには理由があります。僕はいくら大変でもステージに上がるだけで気を貰います。多くの観客が僕1人だけを見ているからです。グラビアやMVの撮影の時も同じです。多くのスタッフたちが僕だけを見て仕事をしているのに、調子が良くないからと言って萎縮するわけにはいかないじゃないですか。

実際、僕がスタッフや観客から気を奪ってくるとグラビアやコンサートも出来が良く、僕がぎこちなく、緊張して萎縮してしまい気を取られると満足できるステージになりません。しかし、僕はとにかくステージに上がれば気を貰います。具合の悪かった体も元気になります。これだから他の歌手の方々も一生懸命にステージに立つのだと思います。


gd
# 半身浴をしながら休息を取り、映画を観ながらインスピレーションを受けます
ワールドツアーの間、町中でショッピングすることはBIGBANGのメンバー全員が好きで、僕も好きです。僕は特に服が好きで、ツアーに行く都市ごとにそれぞれの特徴があるため、その都市で有名なファッションの街には訪れます。コンサートが終わり、本当にきついとき1人でするリフレッシュ方法としては、本当に簡単ですが、半身浴をしながら観たい映画やドラマを観て、何も話さず10分~15分ほどいることです。それが僕のリフレッシュの時間です。

gd
映画からインスピレーションをよく受けます。この前は「新世界」を観ました。主人公のファン・ジョンミン兄さんは海外でMAMA(Mnet Asian Music Awards)授賞式に参加したときに初めてご挨拶し、電話番号を交換しましたが、お互いにあまり連絡はできません。今回「新世界」の試写会に招待してくださったのに、スケジュールのため行けず、別途映画館を訪れて観ましたが、本当に面白かったです。そのお礼として今回の僕のコンサートに招待したのですが、楽しかったとしてくださったので嬉しいです。

僕はカッコ良く、まっすぐな人にはあまり魅力を感じられません。このような表現をしても良いでしょうか。ギャングのようなものに魅力を感じます。ステージでの僕のスタイルもそうですし、カッコよくするのは僕に似合いません。僕の中にユニークな何かがあると思います。僕も知らない間に顔を顰めたり、そのようなジェスチャーもしたりします。映画を観る時も悪党のキャラクターが好きで、悪党もただの悪者ではなく、キャラクターが生きていて、ストーリーのある悪党のキャラクターが好きです。


# 昼と夜が逆の人生なのです
普段は昼と夜が逆の暮らしです。僕の事務所の人間はほとんどそうです。そこでワールドツアーやコンサートの時は早めにコンディションを調整します。しかし、元々たくさん寝るタイプなので、思うほどコンサート前のコンディションの調整が出来ません。とにかく音楽に携わっている人は、おかしなことに朝には何も考えられません。朝は馬鹿のようにボーっとしています。夜になってから起きて、深夜の2時や3時に働いたり、遊んだり、同僚たちと話をしますが、5時6時くらいになると何かが出てきます。


gd
変な癖がついてしまったかどうかは分かりませんが、明け方になってから何か思い浮かびます。そして毎日午後4、5時くらいに起きて、それの繰り返しなので体が大変です。ここのパターンがそうです。

いくら深夜の2、3時に来ても、ここでは皆その時間にお仕事をしているので、当然のように思えます。そこで他の一般人の友達となかなか会えません。パターンが全く違うので。たまには起きず2~3日寝たりもします。たくさん寝て、ぐっすり眠ることでコンディションを調整します^^


# ワールドツアー、NAVER LINEプロモーションについて
今回のワールドツアーを控え、NAVERの無料メール・通話アプリLINEとプロモーションを行いましたので、多くのご関心とご声援をお願いします^^ヤン社長は、常に目の前にあることより、さらに大きいことを見る方向に僕をリードしてくださり、僕もそのような方式が大好きです。更に、モバイルで音楽を公開するのはこれが初の試みで、限りない発展の可能性があるという点で気に入っています。

僕はヤン社長を100%信じて従いますが、それはヤン社長も一緒です。僕が何か要求事項を提示すると、いつも僕の意見を尊重してくださり、傍で大きな力になってくださるからです。


gd
実は僕は音楽をする人なので、僕が色々なプロモーションまで気を配ることはあまりにも大変で疲れることだと思います。そのため音楽に集中できなくなるからです。

今、全世界的にSNS市場がとても大きくなっていると思います。自動翻訳機能があるので、僕の外国の友達とは主にLINEで連絡します。特に日本では皆がほぼLINEしか使いません。海外のファンがどんどん増えている状況なので、LINEで曲を公開することはとても意味のあることだと思います。

もちろん、アルバムのプロモーションは別途行うと思いますが「ミチGO」はワールドツアーを記念し発表した曲なので、海外で人気の高いLINEを通じた公開はとても適切だったと思います。もちろん初の試みであるだけに、まだシステムが構築されず、音楽をダウンロードするにはスタンプを一緒に使用しなければならないのですが、面白いプロジェクトだったと思います。

僅か数年前までは、韓国の音楽配信サイトや音楽番組で1位をとることが嬉しかったですが、今はそれほど重要だと思いません。最近は国内よりは世界で競争力を備えた音楽を作らなければと思います。そのためには更にトレンディで洗練された音楽と、世界的なサウンドを作る必要があると思います。


gd
昨年のBIGBANGのワールドツアーを経験しながら更にそう思いました。国内だけでなく、海外でBIGBANGを好きになってくださるファンがこれほど多いとは、想像もつかなかったからです。特に米国や中国の場合は、一度もプロモーションをしたことがなかったのに、それだけ多くの方々がBIGBANGの公演を観に来たのを見ながら、今までYGがなぜMVにたくさんお金をかけ、YouTubeとSNSなどのプロモーションに集中してきたかが分かりました。
僕は今回のプロモーションも一緒だと思います。更に広い世界に僕たちの音楽を知らせるための試みに間違いないからです。

僕はよく、社長と一緒に様々な方法を模索しています。ファンの皆様はたまに心配されたりもしますが、僕たちが頑張っていますので、信じて任せてください^^

もし、今回のLINEプロモーションが良いスタートとなることが出来れば、後輩たち、特にインディーズで様々な音楽をしている後輩たちに、良い道を開いてくれるきっかけになると思います。


gd
# SNS?昔は何故こんなことをするのか理解できませんでした。
僕も今やよくSNSをします。

僕が考えていることをファンと共に共有する感覚です。ファンの皆様、そして僕に興味のある方々に共有できる僕の情報たち、まるで小さなイベントのようだと思います。ファンの皆様とお会いする機会はあまり多くないので、写真などを載せれば僕が何をしているか、どこにいるかなどを伝えながら会話している感じです。

書くうちにとても長くなりましたね。次は更に面白い話をしたいと思います。
それでは、また。


gd


ホンマにステージ・音楽中毒ですよね!
ステージを重ねる度に、凄いと感じます
ジヨンも言ってましたね~
どんどん楽しくなって行くと!
読んだ時は、「おい!福岡行った人はどうなるねん!」
ってマジでツッコミ入れましたけど、
でも、ALIVEもそうでしたもんね

赤のチリチリには正直、え???って思ったし、
汗で濡れてるチリチリにさらに、ガ~~~ンてなりましたけど、
会場で見たらミチGOなんだと思います(笑)

早く生『ミチGO』聴きたいぞ~~~!


ジヨンのSNSは信じられないペースの更新!
しかもLINEとTwitter、同じ写真を使わないで、若干変えてくるなんて
どんだけ嵌ってるねん!ってか、マメ男やねん!

ジヨンの半身浴、想像するやろ(*˘︶˘*).。.:*♡

風邪ひいてるみたいやけど、早く生活リズム戻して良くなってほしい
どっちのリズム?夜行性?

今月末なんてあ~っちゅまよね!
楽しみ~~~(ノ≧∀)ノわぁ〜い♪

2013.04.11 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。