06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 

G-DRAGON「小さい頃、バレエ教室に行くたびに泣いた」理由とは?


gd

アイドルグループBIGBANGのメンバーG-DRAGONがバレエに対する思い出を語った。

韓国で15日に放送されたSBSバラエティー番組「サンキュー」では、済州島(チェジュド) に旅立ったキム・ミファ、チャ・インピョ、カン・スジン、G-DRAGONの姿が描かれた。

この日の放送でキム・ミファが「バレエをやったことがあるのか」と聞くと、G-DRAGONは「(カン・スジン)姉さんの前だから恥ずかしいけど、母に言われてバレエを学んだことがある」と話を始めた。

続いて「5~6歳の時にバレエを学んだ。何年かではなく、3ヶ月くらい学んだ。しかし僕には良くない記憶がある。バレエ教室に通ったが、女の子たちと同じピンク色の衣装を着ることになっていた。それが嫌で、行くたびに泣いた」と付け加えながら昔のことを振り返った。

G-DRAGONは記憶に残っているバレエ動作を披露しながらも、恥ずかしがった。そんな彼にカン・スジンが「ヒップホップダンスをする時に役に立たないか」と聞くと、G-DRAGONは「役に立つ。練習生の時、ターンは僕が一番上手かった」と答えた。

また、G-DRAGONは結婚について真剣に悩む姿を見せて視線を引きつけた。

gd




G-DRAGON、料理中にミスを連発「見つめられると上手くできない」

gd
BIGBANGのG-DRAGONが、手作り料理で「サンキュー」のメンバーたちを感動させた。

G-DRAGONは15日午後、韓国で放送されたSBSバラエティー番組「サンキュー」で、俳優チャ・インピョ、コメディアンのキム・ミファ、バレリーナのカン・スジンにチャパグリ(チャパゲティとノグリという名前のインスタントラーメンを混ぜて作る料理)と茶碗蒸しを作ってあげた。

G-DRAGONが料理を始めると、3人は彼をじっと見つめた。G-DRAGONは「そんなに見つめられると上手くできない」と、玉ねぎを逆に切ったり茶碗蒸しを焦がすミスを連発した。

3人はG-DRAGONを見ながら「唐辛子も色を合わせて切る。さすがファッショニスタ」と話し、笑いを誘った。

G-DRAGONの料理は評判が良くなかった。チャパグリはキム・ミファに「塩辛い」と言われたうえ茶碗蒸しは水っぽかった。これにG-DRAGONは途方に暮れた。

結局彼らはチャパグリと茶碗蒸しを混ぜて“チャパドラゴン”という新しい料理を作って食べながら楽しい時間を過ごした。




G-DRAGON、悩みも質問も多い若きスター
gd

BIGBANGのG-DRAGONが、芸能界、いや人生の大先輩たちに質問を投げかけ続けた。試練を克服する方法は何なのか、結婚というのはどんなものなのか、同じ芸能人の夫婦の結婚はどんな感じなのか…今年で26歳(数え年)。2006年BIGBANGとしてデビューしてから8年。若きスターには悩みも質問も多かった。

韓国で15日に放送されたSBS「サンキュー」には、アジア人では初めてドイツシュツットガルト・バレエ団でプリマバレリーナになったカン・スジンと30年をコメディアンとして生きてきたキム・ミファ、そしてG-DRAGONが出演した。どうみてもよく似合いそうにない組み合わせだが、3人の出会いは期待以上に穏やかだった。長い他国生活で母国の芸能人に詳しくないカン・スジンも、キム・ミファとG-DRAGONは知っていた。また、G-DRAGONは歳も経験も大きく違う大先輩のカン・スジンとキム・ミファ、そしてMCへの尊敬心や好奇心を持って合流した。

呼び方を決めるのも簡単ではない3人の出会い。そこでG-DRAGONは積極的にお兄さん、お姉さんの心を奪った。実際母親ほどの年齢のカン・スジンとキム・ミファに、限りない尊敬と同時に息子のような愛嬌をふるって、仲を縮めた。初めて会った済州島(チェジュド)のアクアリウムで「お母さんに、人に合う時に手ぶらで行ってはいけないと言われた」と、3人に可愛いぬいぐるみをプレゼントした。

「サンキュー」はG-DRAGONにとって、また違う意味のステージだった。華やかな照明や熱い歓声に隠されていた、本音を打ち明けた。一昨年、大麻事件で初めて経験した挫折、歌手、そして芸能人としての生き方、また恋愛や結婚などの悩みが続いた。華やかで高いステージから降りてきた彼は夢も悩みも多い普通の青年になった。大先輩の前でG-DRAGONは、その年齢層ならもつ平凡な悩みから、芸能人としてトップスターとしての課題まで、淡々と話した。

この日彼は「恋愛する時は本当に良いが、自分が好きな仕事に集中できず、時間を奪われるような気がする。家庭があれば安定的に仕事と愛に集中できるのではないか」と、MCのチャ・インピョに結婚の長所を聞いた。さらに「一昨年、事件があって出演ができず、ひまわりのようだったファンたちが心を変えた。その事件の後、涙をたくさん流した。一人で時間を持って自分を振り返ってみるきっかけになった」と話し、一度の過ちで得た新しい教訓を告白した。他にも「若い時に余りにも大きく成功してしまうと、実感ができなくなるようだ。自分も知らないうちに人気に鈍くなった。虚しくて夢が無くなった感じだった。何もかもがつまらなくて、ありがたいと思えなくなった。自分が一番だと思ったこともある」と大きい成功と人気に隠されていた悩みも打ち明けた。

G-DRAGONの悩みや質問に対してカン・スジン、キム・ミファ、チャ・インピョは、深く共感して、熱く疎通した。彼らがすでに経験してきた人生の峠を超えかけているG-DRAGONに、慰めの言葉や暖かいアドバイスを伝えた。G-DRAGONにとって今回の旅は大きなヒーリングとなる「サンキュー」な機会になったのではないだろうか。





G-DRAGON、大麻事件について言及「人生を振り返ってみるきっかけに」

gd

BIGBANGのG-DRAGONが、一昨年の大麻事件をきっかけに人生を振り返ってみることができたと打ち明けた。

G-DRAGONは15日午後、韓国で放送されたSBSバラエティー番組「サンキュー」で「一昨年、事件があってテレビ出演ができず、ひまわりのようだったファンたちの心が揺れた」と話し始めた。

続いて彼は「その事件後、涙をたくさん流した。一人で考える時間を持って、振り返ってみるきっかけになった」とし「事件があってからは、謙虚になった。最近家族と一緒に暮らしながら、家族のことも見つめ直すことができた」と、危機を通じて教えられたことについて述べた。

また、この日の放送でG-DRAGONは「若い時に余りにも大きく成功してしまうと、実感ができなくなるようだ。自分も知らないうちに人気に鈍くなった。虚しくて夢が無くなった感じだった」と打ち明けた。

続いて彼は「何もかもがつまらなくて、ありがたいと思えなくなった。自分が一番だと思っていた」と愚かだった自分の過去を正直に話した。




ま、生きてると色々あるのは当たり前!
幼い頃からこの道しか知らないジヨンには良い経験も悪い経験も多かっただろうに
もちろん反省も必要!そして成長すればいい!
完璧な人間なんていない!そんな奴は面白くない!
でも、同じミスはしないでおこうね~

ジヨンの料理とかめちゃ食べたいんですけど~
失敗作でも喜んで食べるっちゅ~ねん!
インスタントラーメンでも幸せに食べるから作って~~~


結婚についての記事もあったけどスルーははははは



この番組超見たいんですけど~
KNTVさんかKBSさんあたりで放送しないかな~~~
ホンマに見たい!!!



ちょっと質問!?
実はLINEでこっそり~This Love~グループ作ってるのですが、
今のところ参加者はいません(笑)
誰か参加してみたいなんて人いたりします?
それによっては招待して楽しもうかな~なんて思っとります ヾ(o´ヮ`)ノ

2名は参加してくれるであろうと確信しておりますがね~ㅋㅋㅋ

スポンサーサイト

2013.03.18 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。