FC2ブログ
08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
gd


G-DRAGON
BIGBANGのリーダー。ちょうど20代半ばを過ぎたソロ歌手。歌手がバラエティ番組にも出演し、海外公演もしなければ生き残れない昨今の韓国で、自身の居場所を勝ち取ったミュージシャン。BIGBANGとG-DRAGONのワールドツアーの違いを聞く取材陣の質問に「BIGBANGの曲も、僕の曲も自分で作っているので、(その違いが)今後僕が解かなければならない課題でもあるが、今回の公演を見ればその違いが分かると思う。僕も何が違うのかに気付くと思う」と答えるほど強い音楽的自意識の持ち主である。もはやアーティスト?


コ・ヨンウク
グループRoo'Raの元メンバー。G-DRAGONはRoo'Raの人気が絶好調だった1995年に登場した“ちびっ子 Roo'Ra ”のメンバーで、8歳の少年がコ・ヨンウクの役をやり遂げた。ちびっ子Roo'Raの子供4人は、MBC「ポポポ」に出演した際、振付師のソ・ヨンファさんの目に留まり、本格的にデビューした。ソ・ヨンファさんは録画の休憩時間に、“Roo'Raダンス”や“パク・ジニョンダンス”を踊っていた子供たちを見てグループを作ることになったと話してくれた。ちびっ子Roo'Ra は当時、KMTV「ショー!ミュージックタンク」で本物のRoo'Raとダンスバトルを繰り広げたこともあった。しかし、MBC「生放送人気歌謡ベスト50」では、子供たちが過度に大人を真似るという理由でちびっ子Roo'Raが撮影した部分が削除された。


2001大韓民国
1999年から2002年までシリーズでリリースされたヒップホップのコンピレーションアルバム。当時、ヒップホップブームに大きく貢献した。DRUNKEN TIGER、Honey FamilyとBobby Kim、キム・ジンピョが参加した「1999大韓民国」が大きくヒットして「2000大韓民国」は、2つのバージョンで、「2001大韓民国」は3つのバージョンでそれぞれ発売された。それだけよく売れたということだ。G-DRAGONは13歳で「2001大韓民国」に参加し、「G-Dragon」という曲でラップを披露した。「俺の歳は13/この世界ではまだ子供だという/俺のラップライム(韻)にハマってみる?」という初々しいラップを聞いて、今のG-DRAGONを想像することができるだろうか?アルバム制作を担当したイ・ヒソンプロデューサーは「すでに小学生の時、本人がラップを作詞する専用ノートがあるほどプロ意識があった。小学生らしくない表現を使っていた」と当時のG-DRAGONを回想した。G-DRAGONはそれから約10年後、単独コンサート「Shine A Light」で、この曲をもう一度披露した。


ヤン・ヒョンソク
YGエンターテインメントの社長。ヤン・ヒョンソクはDEUXのイ・ヒョンドと提携して作り出したJinuseanのデビューアルバムを通じて、90年代半ばのアメリカの音楽市場で流行したヒップホップスタイルを披露し、トレンドと商業的な成功の二兎を掴んだ。ヒップホップを中心にした1TYMも同じく、従来の韓国のボーイバンドの姿とはだいぶ違っていた。それがこの時までは、YGファミリーがSMのH.O.T.やJYPのgodを抜いて“人気”の面では勝てなかった。だが、BIGBANGは違った。BIGBANGはYG(ヤン・ヒョンソク)が独自の音楽路線を守りながらも人気を味わって楽しめることを証明してくれた。


Travis Payne
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」ツアーの振り付けと助演出を担当したステージ監督。G-DRAGONの今年のワールドツアー「ONE OF A KIND」の共同演出を担当した。およそ35億ウォン(約3億円)の事前制作費が投資されたこの大型公演は、最初から最後まで従来の韓国ミュージシャンの公演では見ることができなかった華やかな見どころが続々相次いだ。大事なのは、その様々な演出の中心にはG-DRAGONがいたということだ。BIGBANGの時から数多くの公演で鍛えられたG-DRAGONはステージを楽しみ、音楽に自分のカラーを投影させた。Travis Payneは韓国マスコミとの記者会見で「G-DRAGONはカメレオンのようで、自分を現すたびに違う姿が見える」とし、「公演のコンセプトについて説明すると、僕たちはG-DRAGONがここ数年間見せてくれた色んな小さなイメージからインスピレーションを引き出した」と述べた。


パク・ミョンス
G-DRAGONと「浮気した」を一緒に歌った「無限に挑戦」の第二者。「海の王子」「タララ」をヒットさせた歌手兼お笑い芸人。歌手という職業を持っているためだろうか?「無限に挑戦」の曲中、少女時代のジェシカと一緒に歌った「冷麺」、G-DRAGONと2NE1のBOMと一緒に歌った「浮気した」は他の曲よりも大きな人気を集めた。パク・ミョンスはG-DRAGONを愛し、G-DRAGONはパク・ミョンスを“天才”と絶賛した。ステージだけではなく、バラエティー番組でも作為的ではなく自然な姿を見せるという、他のアイドルグループ出身の歌手たちと違うG-DRAGONならではの特徴を引き出した張本人。G-DRAGONのこのようなイメージが固定されるようになったことには「無限の挑戦」の力が大きかった。


チョン・ヒョンドン
「無限に挑戦」のメンバー。G-DRAGONのファッションのライバル。ファッションについて語る時、G-DRAGONを除いて他に頭に浮かぶボーイズバンドのメンバーがいるのか?ファッションについて語る時、チョン・ヒョンドン以外、頭に浮かぶお笑い芸人がいるのか?G-DRAGONはモデルではないにも関わらず、モデルに負けないほどのファッションを消化する。しかし、記者たちが「今日のファッションのコンセプトは何ですか?」と聞いたら、「今日は……何のように見えますか?コンセプトは特にないです。ただ、新製品です」と冗談を言うこともある。もちろん、G-DRAGONのファッションをただ新商品だと説明するには無理がある。例えば、彼はスタンリー・キューブリックの映画「時計じかけのオレンジ」で見た主人公マルコム・マクダウェルの化粧をプロモーションビデオやステージで応用する大胆さを見せる。これに挑戦したチョン・ヒョンドン。しかし、チョン・ヒョンドンはただG-DRAGONを真似するだけであり、これも“大胆な”挑発のように見えた。パク・ミョンスを天才だと絶賛したG-DRAGONは、チョン・ヒョンドンに「兄さん、ファッションが徐々によくなっています」と話した。


TEDDY
ヒップホップグループ1TYM出身の作曲家兼プロデューサー。PERRY、MASTA WUなどと一緒にYGエンターテインメントを代表するプロダクションチームだ。BIGBANGからGD&TOP、G-DRAGONのソロに至るまで主要曲を作曲した第3のメンバーと言える。特に、G-DRAGONが自身の音楽のアイデンティティを確立したとも言えるアルバム「ONE OF A KIND」では、「THAT XX」「CRAYON」のような主な曲に参加した。G-DRAGONとTEDDYが共に書いた「THAT XX」の歌詞は、BIGBANGやG-DRAGONのどの曲よりも一般男性にまで普遍的にアピールする。19歳未満聴取不可の原因となった「THAT XX」の歌詞について、G-DRAGONは「歌詞の“あいつ”を“あの人”のようにもう少し純化することもできました。でも、その言葉の感じを変えたくなかったんです。僕だけでなく誰でもそういう状況に直面したら、最も多く使う言葉だと思います」とし、アーティストに相応しい姿を見せた。


韓国大衆音楽賞
商業的な成果と関係なく、音楽性について学界、大衆音楽評論家、音楽担当記者、音楽放送PD、市民団体の関係者など71人で構成されている選定委員会が賞を与える大衆音楽授賞式。今年の授賞式ではG-DRAGONの曲「ONE OF A KIND」が“最優秀ラップ&ヒップホップ部門”を受賞した。G-DRAGONとしては、厳しい評論家たちに音楽的な成就を認められたことになる。韓国大衆音楽賞の選定委員であるキム・ボンヒョン大衆音楽評論家は、この曲について「自慢することはヒップホップ独特の雰囲気であり、固有の態度である。G-DRAGONは『ONE OF A KIND』の歌詞を通じて、自身に対する世間の非難をヒップホップ独特の態度でうまく表現した」と評価した。


2NE1のCL
YGエンターテインメントのガールズグループである2NE1のリーダー。G-DRAGONとは“親友”であり、2人がステージ上でデュエットをする時は卓越した呼吸を誇る。2人はYGエンターテインメントの所属歌手の中でも公の場に特によく一緒に現れ、同じ服をステージ衣装で着たこともあるが、スキャンダルが報じられたことはない。G-DRAGONがワールドツアーの韓国公演でCLとデュエットで歌った「The Leaders」は、その日のステージのハイライトとして選ばれるほど威力的だった。まるで、マイケル・ジャクソンとブリトニー・スピアーズが一緒に歌った「The Way You Make Me Feel」を連想させるパフォーマンスであった。


BIGBANGのT.O.P
G-DRAGONとデュオGD&TOPとして活動したBIGBANGのメンバー。BIGBANGを愛する数多くの女性ファンたちがG-DRAGONとT.O.Pの魅力をはかることがよくある。2人が中学生時代から仲が良かったことはよく知られている事実だ。2人はミュージシャンを夢みていた幼い頃からBIGBANGでワールドツアーをするなど夢を叶えた今まで、共に活動していることになる。本格的なヒップホップデュオを標榜したGD&TOPは、“ラッパー”のアイデンティティを持つG-DRAGONとT.O.Pにとって非常に楽しい作業だったであろう。スタイルが違う2人のラップはよく合い、言葉どおり“本当によく遊ぶ2人、バッチリな相性”だった。GD&TOPは放送局以外にも、江南(カンナム)のクラブからロックフェスティバルまで縦横無尽に活躍した。




G-Dragonて男が凄いって事だよ!
失敗もあれば、見る人によっては偏見もあると思うけど、
幼い頃から努力もして、礼儀も正しくて偉い男でもある!
カメレオンのような男、まさにそうやと思うわ

え???な部分もたまにあるけど、おれも魅力だ
昨日のLINEでも西武ドームに来たファンを心配してたし、
今日参戦するファンを気にかけてるジヨン!
自分の心配をしなさいよ!って思うけどね...

今日も埼玉は寒いって聞いてます
ジヨン、また風邪ひかないようにして...

今日もカリスマGDで弾けてな~(。•̀ω-)✧

スポンサーサイト

2013.04.21 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。